Event is FINISHED

【5/19(日)開催】Park College #02 「建築と編集」

Description

※ 予約席数に達したため「ワンドリンク付き受講券」の販売は終了いたしましたが、当日ワンドリンク制で立ち見でのご参加は可能です。ぜひお越しください。

Ginza Sony Parkでは、各界の著名人や専門家を講師・ゲストとして招き、建築・アート・都市開発・ファッション・テクノロジーなど、さまざまなテーマをもとにしたオープンカレッジを開催します。

第二回目となる今回は「建築と編集」をテーマに、優れた実践者であり、観察者である4人の建築家が議論します。
設計活動と共に鋭いリサーチや批評で知られる浅子佳英氏、Ginza Sony Park Projectメンバーとしても編集的な眼差しをもつ荒木信雄氏、既存の環境の中から新しい視点や価値観を見出して活動の場を広げている長坂常氏、精緻な作り込みによって開放的な問いを投げかける中山英之氏。

4人はまったく異なる個性です。共通するのは、家具から都市までを横断して、建築が単なる建物にとどまらない事実に気づかせてくれるところ。「編集」という切り口から、現在の建築の姿を捉えます。


■日時:2019/5/19(日) 15:30~17:00
※ 15:00に受付を開始いたします。なるべく開始10分前までにお越しください。

■会場:Ginza Sony Park 地下4階
https://www.ginzasonypark.jp/access/

■料金:500円(ワンドリンク、シート付き)
※ 先着60名様までの予約販売になります。
※ 予約販売は 前日の24時に終了いたします(販売期間内でもチケットが無くなり次第、終了します)。
※ チケット購入後のキャンセルはお受けできません。予めご確認の上、ご購入ください。
※ 予約席数に達した場合も、立ち見になりますが当日ワンドリンクでご参加いただけます。


■モデレーター:倉方俊輔

建築史家。1971年生まれ。大阪市立大学准教授、Ginza Sony Park Projectメンバー。編著書に『建築の日本展』『東京モダン建築さんぽ』『大阪建築みる・あるく・かたる』『伊東忠太建築資料集』ほか。イケフェス大阪実行委員、東京建築アクセスポイント理事、JIA近畿支部副支部長などを務める。


■ゲスト:浅子佳英、荒木信雄、長坂常、中山英之


浅子佳英
建築家。タカバンスタジオ主宰。2010年東浩紀と共に合同会社コンテクチュアズ(現ゲンロン)設立、思想地図βvol.1、vol.2出版後退社。商業空間を通した都市のリサーチ、批評、設計活動を行う。

荒木信雄
建築家。1990年西日本工業大学建築学科を卒業。1997年よりThe Archetype主宰。西日本工業大学客員教授。原宿の地域計画を意識して進められている美術館 「The Mass」のプロジェクトが進行中。「Ginza Sony Park プロジェクト」のメンバーとして参加。

長坂常
スキーマ建築計画代表。1998年東京藝術大学卒業直後にスタジオを立ち上げ、シェアオフィス「HAPPA」を経て、現在は青山に単独でオフィスを構える。仕事の範囲は家具から建築まで幅広く及び、どのサイズにおいても1/1を意識した設計を行う。

中山英之
建築家。1998年東京藝術大学建築学科卒業。2000年同大学院修士課程修了。建築設計事務所勤務を経て、2007年に中山英之建築設計事務所を設立。2014年より東京藝術大学准教授。5月23日からTOTOギャラリー・間で個展「, and then」開催。

Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff#432724 2019-05-09 09:17:58
Sun May 19, 2019
3:30 PM - 5:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
Ginza Sony Park (銀座ソニーパーク)
Tickets
ワンドリンク付き受講券 SOLD OUT ¥500
Venue Address
東京都中央区銀座5-3-1 Japan
Organizer
Ginza Sony Park
742 Followers